忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
最新TB
(08/29)
バーコード
ブログ内検索
ブログを評価する「ブログレーダー」
訪問者
[329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321] [320] [319]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

優駿牝馬 [GI] (芝2400m)
ウイングパラディオ △--- 12人気


前走に続いて絶好枠に入りました。
チャンスだと思うので生かしたいですね。
ただ能力の方は、PW以外はなかなかのものがあるのですが
PWは未調教の為それほど高くはありません。
それがレースの方でどう出るかです。
PWさえ鍛えてあったら文句なしでしたが
調教する余裕がありませんでした。

ウイングコルディですが
先日、PWが恐竜並になりました。
2コメになるまで鍛える予定です。
そして2歳馬解禁に向けた派遣依頼の方ですが
現在、36件の派遣依頼を頂いております。(うち34頭が解禁後すぐに誕生予定)
責任重大ですね。こんなに多く派遣したことは過去にありませんので
全て派遣するのは結構根気のいる作業となりそうです。
昔であれば人気種牡馬は1シーズンに30~40の依頼があるのが
普通でしたが、今でもそれに近い数の依頼を頂けるのは大変嬉しいことです。
この中から父を超える活躍馬が出てきてほしいですね。
少し調べてみたのですが歴史的な馬として記憶に残っている
シーグライド号、ベータプルメリア号の2頭が1シーズンで
一番多く産駒が誕生となった頭数を調べてみました。
シーグライド50頭、ベータプルメリア40頭という結果でした。
ちなみにユーザー数が全盛期頃の名馬ランニングスタッグ号は65頭でした。
以下、記憶に残っている馬で多そうだと予想した馬を調べてみました。
サイバートランス53頭、マウイノハレアカラ54頭
ラズベリーフェイム54頭、エルドリチャン77頭

う~ん、最後に想像以上の数字が出てきたのには驚きです。
これだけ派遣するには管理も大変そうですね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]