忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
最新TB
(08/29)
バーコード
ブログ内検索
ブログを評価する「ブログレーダー」
訪問者
[305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨年はG1を1勝しましたので今年は、G1を2勝することを
目標としていましたが早くも3勝することができました。
厳密に書きますと1ヶ月の間に3勝、3ヶ月の間に4勝なので
かなりのハイペースです。
今年はもうこれ以上勝てない可能性が高そうですが(笑)
しかし、haziitaさんが予言されたように朝日杯を勝ってからは
呪縛が解けたかのように順調に勝ててますね。
それだけ朝日杯に勝てたことは自分の中でも大きいものがありました。
G1はあまりにも勝つことができないので
いつもレース観戦しているときは、これで勝ったら複雑だなぁとか。
勝たないでほしいという願望に近い念を送りながら観戦しておりました。
こういう考えでいたので次はどうすれば良いかというのが
見えてこなかったと、勝つことに対してマイナスなことをしていたのは間違いないですね。

さて昨期の2歳戦~3歳戦を振り返ってみます。
新潟2歳S、レースを作ったスケルクロウマン号
レース前に一番気になっていた馬ですが
レースの方でも脅威の片鱗を見せつけられた気分でいました。
これは展開一つで勝てなかったなと。
その後の対戦では、予想と違った結果となっていますが
うちの馬が枠順で恵まれていたのに対して逆でしたから
それが明暗を分けたのでしょうね。
アクアハーデス号、このレースでは殆ど差はありませんでした。
うちの馬はハードなローテーションで行くつもりでしたので
この少しの差が朝日杯に出走する頃には逆転している可能性が高いと
読んでいました。結果の方は、対戦することがなく
うちの馬としては大変助かりましたが、その後のシンザン記念では
予期していたようにうちの馬が負けました。
スプリングS、このレースを勝ったポアント号
うちの馬が勝っているときと同じだけの力が出せていても
このレースはどうなっていたかわかりません。
パフォーマンスを見てもうちの馬が勝っているときと
遜色ない力を出しているように見えました。
それもそのはず、総和では全くの互角でした。
種牡馬としても楽しみな馬ですね。
まだ9戦なのが残念なところですがいつかは派遣をお願いしたいです。
他にも印象に残っている馬はいますが
今回は3頭だけということで・・。
うちの馬は古馬戦はJC一本に絞るつもりですので
クラシック戦線で対戦した相手とは対戦する機会があまり無さそうですが
古馬戦では是非ともクラシック戦線で対戦したライバル馬が
活躍するところを拝見したいです。
それでJCで対戦できたら最高ですね。

古馬逃げレースについて
うちの馬からはプラウド、トーキングが参戦中ですが
参戦するまでの期間は可能性を探りながらの調教の日々でした。
自分の中では逃げレースは、古馬戦までいくと
結果に大きく繋がる先行力は、ほぼ横一線だと考えていました。
ところが、常に先頭集団に取り付ける馬が存在することに興味がいきました。
皐月賞が逃げレースとして成り立ってからは
数少ないクラシック、皐月・ダービー制覇をしたハイトダイヤモンド号。
常に先行できるというのは非常に興味深かったです。
この馬と対戦することを目標にしておりました。
しかしJCに絞られているようですので対戦できる可能性は低いでしょうね。
あと引退したとの話も・・・無事に復帰して頂きたいです。
そしてハナビオートン号、こちらは先行力を武器にしているタイプではなく
これまで逃げレースのスタイルに無かった万能タイプの逃げ馬です。
成績も抜群の安定度で逃げレース界の絶対王者的な存在です。
逃げレースは、地味に見られがちですが
こう言った魅力的な馬が存在すると盛り上がります。
今後もどんどん魅力的な馬が出てきてほしいですね。
そうなると逃げレースも面白いと思います。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
順調ですね
先ずは、遅くなりますたが、
菊花賞制覇おめでとうございます。
父の無念を全て晴らす走りに恐れ入りました。
どこかで親子対決しましょう。
その時は3冠馬として胸を貸してくださいネ。

それにしても順調な1年でしたね。
今のういんぐ厩舎の層は実に厚いと思います。
我が厩舎の今期はこの壁をぶち破れるよう、
調教に励みたいと思います。
haziita 2009/03/02(Mon)12:53:01 編集
Re:順調ですね
ありがとうございます!
ミラクルフォーカス号とは、クラシック戦線で何度も
ご一緒させて頂きましたのでそのときの経験が
コルディの成績に良い面で反映された形となっています。
あの世代は、ミラクルフォーカス号の不滅のデビュー戦レコードから始まり
本当にレベルの高いレースが体感できました。
古馬戦では全ての経験を武器に頑張らせて頂きます。
親子対決、本当に楽しみですね♪

自厩舎の層は確かに厚いものとなっています。
高能力のG1級の素材が10IDのうち4頭を占めていますし
それでいてまだまだ現役な馬ばかりなので暫くは楽しめそうです!
またどこかでガチできますことを楽しみにこちらも調教に励みたいと思います。
ういんぐ 2009/03/03(Tue)07:53:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]