忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
最新TB
(08/29)
バーコード
ブログ内検索
ブログを評価する「ブログレーダー」
訪問者
[48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと更新が滞りました。
原因は、誕生したほとんどの馬が年明け後から一発大きいところを
狙えるように仕上げていて年明けまでは本当の戦いではなかったのが理由で
年明けまでは更新するにもネタと気合が不十分でした。

全パラが判明し、成長度も含めて今期一番の馬は
ウイングシャライズとなりました。その話から
こちらは、年明けに一般戦で1発で3着以内に入ってすぐに脱出できるように
2戦目の1000mのダート戦で追込指示
3戦目の東京2000mは調子50%で逃げ指示
4戦目の京都1800mは同じく逃げ指示

4戦して瞬発力が判明するまでは賞金を上積みしないように
調整してきました。
しかし4戦目のレースで2着に入ってしまったのは誤算でした。

そこから長期の特訓期間を経て5戦目に出走。
この賞金でもニューイヤーSに出走することは可能でしたが
獲得賞金も大して変わらないので万全を期して一般戦に・・・
自信を持って出走したはずでしたが何と3着
きさらぎ賞に出走できればこれでも良いと思ってました。
ここで大きな誤算が・・賞金足らず除外!
このときニューイヤーSに出ておけば良かったと後悔しました。
その後は渋々一般戦から出直し。
指示を差しか、追込で迷いましたが迷いながらも前走失速した差し指示で
そしてレースの方は年明け初戦の前走の負けを彷彿させるような
早め抜け出し・・若干能力アップしていたのが幸いしてこのレースは何とか押し切れました。

この後は、もう一度一般戦を使ってダービー後に10戦以上できるように挟むため
乗り替わりは気にせずアーリントンCに
勝って賞金大幅アップができれば儲けもの、惨敗しても賞金が減らせて
一般戦から出直すのが楽になると気楽に出ました。
指示の方は、乗り替わりさえなければ差し指示のつもりでしたが
乗り替わりで反応が鈍くなることも考えて先行指示で
結果は、差し勢が上位を占める中、先行&乗り替わりで4着
内容的にはなかなかのものでした。
ここでの誤算は、微妙な賞金増をしてしまったことでした。
この賞金(1075万)では一般1Rしか出られず3着以内に入ることに手間取ってしまっては
目標としていたダービー前哨戦に間に合わないというのもあって
ちょっと嫌な賞金増でした。
そして迎えた一般1R。
前走もなかなかでしたが、さらに磨きがかかった均等の良い能力になり
高SP馬が揃う中、良い具合の抜け出し方ができ押し切っての力強い内容での勝利でした。

このレースの結果が出る前までは
ダービー前哨戦に出るための賞金を稼ぐためベンジャミンSも挟む予定でした。
が、この結果でベンジャミンSで好走できなくても前哨戦に出走するだけの
賞金まで達することができました。
明日は予定通りベンジャミンS出走となりましたが
全部良いところが出せるようなレースに期待したいです。

そして母のラリウスと同じく逃げ路線で奮闘中のスナイパー
この馬は早い時期に逃げで合いそうな人気がない騎手を選びました。
しかし運悪く騎手が被ってレース選びに苦戦しつつも
まずは予定していたSPでホープフルSに・・
メンバーの前走のうまスポの印などをみた限りでは
逃げそうな頭数は、スナイパーを合わせて4頭
最低4着には入れると計算しての出走でした。
レースの方は思っていた通り4頭が逃げる展開に
が・・・結果は4着
3着以内には入ってほしいと考えていましたから4~5着になるならば6着以下で
賞金を減らせた方が良かったとも思ってましたので
こんなことならラジオ日経に出ておけばとまた後悔していました。
スナイパーは母のラリウスを少し劣化させたような馬という印象を最初から持っていましたが
やはりそれでは通用しないのかと諦めモードに入っていました。
気を取り直して一般戦から出直しへ・・ここから転機が
このレースは逃げそうな馬が他に1頭出走していましたので
好勝負になると踏んでいましたが結果的には微妙な逃げ方になり、ぎりぎり2着に粘りこみ。
ホープフルS後にすみれSに照準を定めていましたがこれで出走が叶いました。
迎えたすみれS、前走ほど厳しいレースではありませんでしたが
このレースも逃げ方が微妙な形に!
しかし紙一重の差で何とか逃げ切りに成功して特別勝利により賞金が
皐月賞に出走できるだけの額に。
続いてラリウスが制した毎日杯に。ここは逃げ路線の強豪が揃っての出走
ラリウスが走ったときのようにはいかないと覚悟を決めての出走でした。
結果の方は完璧なレース運びで、昨シーズンのラリウスのタイムを上回り
皐月賞の勝ちタイムも上回るという本番に向けて最高のパフォーマンスが
みられたレースとなりました。
まさかこれだけ強豪が揃ったレースでこんな勝ち方ができるとは想像もついてなかっただけに
これをみて本番に期待が持てるようになりました。
近走4戦連続でミュゼットタンゴ号と同じレースとなりましたが
もしも同じレースに出走することがなかったらスナイパーはここまで出世することは
できなかったはずです。そういう意味でもお世話になりました。
皐月賞ではお互い好勝負ができたらなと思ってます。

また昨シーズンは、ラリウスが逃げ路線で1ハロン10.8のSPを生かし
安定したレース運びをしていましたが
SP、瞬発力で劣るスナイパーがここまで来れたのは嬉しい誤算となりました。
ラリウスに能力で勝っている部分は、気性とPWです。
それにスナイパーには極限の個性もあります。それは何と言ってもSTです。
そのSTを画像にも載せてみました。
         
そして個人的に嬉しいニュースですが
自分の持ち馬で1800m戦で一番強いと思う馬はウイングジェルドです。
そのジェルドでこのレースは、枠に助けられなければ負けていたと確信し
その実力に興味を持っていたのがウインドエンジェル号です。
馬名も似ていてすぐに印象が深くなってました。
2戦ともうちの馬が展開と枠順に助けられて勝つことができましたが
恐らく次に1800の重賞に出走していたなら重賞勝ちは時間の問題だと思っていました。
注目していただけに中山牝馬Sの強い勝ちっぷりをみて
やはり思った通り強いなと改めて実感してそれで嬉しくなりました。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]